2017.03.08 ASH DA HERO@Electric Lady Land

 

久しぶりに。

もう一つの方に書いてもいいんだけどあっちは個人的な気持ちが多く入ってるのでこちらで…。

 

今回ASH DA HEROはRayflowerさんにお呼ばれ。

ASHの地元名古屋での公演でした。

ASHがE.L.L.でやったのは前回のワンマンツアーだったかな…?

以前よりもステージが小さく見えたのはサポートの人数が増えたからという理由だけではないのだろうな、と感じました。

THIS IS LIVE tourとBABIES NIGHT2016等を通してさらに大きくなったのだろうな、と思います。

 

以下、1曲?ずつ感想をば。

 

SE

先日のツーマンショウから新しくなった(たぶん)SE。

これがまたかっこいいな~。

さらにわくわくする感じ。

ニューアルバムもこのSEから始まるのかな?期待大!

どきどきしちゃってなかなか耳に入らないからもっとちゃんと聴きたい…。

この日は後ろの方から観ていたのですが、この時点でざっと見渡す限り、ASHのファンは割合がすこし少ないかな~という感じでした。

ところが…!と後ほど思うのですが。

 

You gotta power

ASH DA HEROの本領発揮!!!という感じ!!

この曲はベースの音がASHの声によく絡まないとかっこよくならない気がしているのですが、今回のベーシストSatoさんの音はASHの声と本当に相性が良い気がする。

低音がビシバシ身体の奥まで響いてくる感じ。

途中でASHが「Jump!Jump!Jump!」って煽って、会場が熱くなっていくのがわかる瞬間、すごく興奮するんですよね。ASHさんもこの光景見てるのかーと思うと後ろで見て良かったー!と思います。

 

 

結局なんにもやれてない

この曲もASHがすごくテンションが高くてウオー!!最高!!という感じでした(語彙力の不足)。

サポートメンバーもつられるようにテンション高い演奏で、ASHの良さが前面に出ている曲だなあ、と改めて感じられました。

サポートの演奏がテンション高くてしっかり支えてくれるからさらにASHの歌が昂ぶっていくような感じ。

…と書きつつ、この曲は思い切りノってしまう曲だからあんまり…記憶が…振り切れている…(笑)


ASH DA HERO - 結局なんにもやれてない【LIVE VIDEO】

 

サポートメンバーソロ(?)

あのいつものサポメン紹介みたいな…

今回は各自ASH主催よりも短めだったんだけど短い分その一音一音でそれぞれの持ち味・かっこよさ(同じ意味か)が一発で伝わってきました。

特にキーボードすごくないですか!?

ここ何回か観てるけどドラクエとかラジオ体操とかサラッと弾けてそれだけでもうっわめっちゃかっこいいじゃんもう本当に好き…ってなってたんだけど、

今回みたいなめっちゃかっこいい(語彙力)の聴かされたらさらに好きになるじゃないですか…?

そんなカオルさんはソロピアノ集も出してるので気になる方は是非に。 

カフェで聴きたいJazz Piano

カフェで聴きたいJazz Piano

 

 

 

カフェで聴きたいJazz Piano 2

カフェで聴きたいJazz Piano 2

 

 

 

カフェで聴きたい Sakura Jazz Piano

カフェで聴きたい Sakura Jazz Piano

 

 三枚目はJ-popだからテレビとか有線で流れてる曲も多いです。

卒入学シーズンの今の季節にぴったり。

どうも4作目も出るような話もどっかで見た気がするので予約しなきゃ。

ちなみに私はamazonでしか見かけたことないです。

ちょっと話が逸れる(既に逸れてる)んですけど、前回1/27渋谷O-Westのときどこか(Everythingの前かなにか?)でElton JohnのYour Songちらっとありませんでしたか?

カオルさんが鍵盤弾いてそれにASHさんが歌乗せるみたいなの…

Your Songだ…と思った気がするんだけどTwitterで流れてきたセトリ幾つかにエアロスミスしかなかったから私の聞き違いかな、ってちょっと自分の脳味噌を心配している。

カオルさんのYour Songが生で聴きたすぎて頭がバグったのかな。

はいこの話終わり。

 

Rolling Stone

テンション高い曲で攻めてくるなあ!と嬉しくて仕方なかったです。

テンション高めの曲のASH本当にかっこいいよね、ロックスター然としていて。

私が初めてASH DA HEROを観たときに一番ASH DA HEROの世界に引き摺りこまれたのはこの曲なんです。

今回もそんな人が多かったんじゃないかな。

この曲くらいからどんどん腕を上げる人が増えていって、ASH DA HEROの世界に呑まれていったような気がします。

ASHも本当に気持ちよさそうに歌うから観ていても気持ちよかった!

 

Layla

ここでLaylaか!という感じで、ファンのテンションが振り切れる瞬間が見えました。

なんか久しぶりにLayla歌うASHをしっかり見たけど(いつも何見てんだろ)改めて色気がすごい…。

さっきまであんなに熱量!漢!って感じで歌ってた人がこんなに一瞬で色気持った歌い方できるんだなあ、と感動するほど。

サビは色気だけじゃなくて少しお茶目な感じの歌声もあって、このギャップがまさにASHだなあ、という感じ。

激しくてかっこよくてまさにロックという歌も歌えるけど、こんなふうな色気たっぷりな歌も歌えるのが本当にASHの魅力だと思います。

いいよねえ、新しいアルバムに入るのかな?

あれLaylaの前にMCがあったんだっけな、MC覚えてないですごめんなさい…。

 

反抗声明

この辺から曲順あやふやになってきた…。

WAKE UP ROCK AND ROLL BANDの方が先だった気もする…。忘れた…。

とりあえず反抗声明ということで…。

フロアみんな中指上げてくれてすごくいい景色でした。

ASHから見るともっといい景色なんだろうな。

この曲はいつも通りギラついてて火傷しそうなくらいアツいASHでした。

個人的には、カオルさんが鍵盤やってる反抗声明のイントロはレフティさんの鍵盤から始まる反抗声明よりも繊細なイントロだなと思います。

どっちがいいとかじゃなくて、どっちも好きなんだけど。本当に。

レフティさんの方の反抗声明は反抗声明という曲の強さが前面に出て背中を押してくれる曲になる印象。

カオルさんの方の反抗声明はこの曲の繊細な部分、隠した弱さのようなものがイントロに優しく現れた、そんな印象を持ちます。

イントロ部分の低音の有無の違いかな?と思うんだけど。

カオルさんがサポートで入った反抗声明を初めて聴いたのは確か昨年のFreedom Nagoyaだったのだけれど、そのときに「反抗声明ってこんなに繊細な曲だったんだ」と驚いたのを覚えています。

イントロは繊細だけどその後は激しくて。

怒りも憎しみも込めて歌うようなASHと力強く支えていく楽器隊が本当にかっこいい。

渦を巻くような曲だといつも思っている。

LIVE版貼っておこう。


反抗声明(LIVE)/ASH DA HERO

 

あまりにも長くなったので一旦ここで切ります。

力尽きた。

推しが武道館いってくれたら死ぬ

 

この年の瀬、きっと今年最後のブログだろうと思いながらもサイトを変えてしまうかさぴですてへぺろ

 

※全然アフィリエイトとかじゃないから安心してくれな!!!!

 

先日某バンドのライブの遠征のため、ネットカフェで宿泊をしていたところ、

最高の漫画を見つけてしまいました…。

 

 

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」

 

………

 

タイトルを見た私

「わかる!!!!!!!!!!!」

わかるわかりすぎるわかりみがありあまる

タイトルに惹かれてネカフェで手に取っちゃったもん!!!!

あらすじはアマゾンのレビューとか公式サイトとか見てもらったらいいと思いますが、

地下アイドルとそのファン(=ドルヲタ)の話です。

私自身はアイドルのファンではなく、諸々バンドのファンですが、

とにかくタイトルに始まり、登場人物のセリフや行動(?)に共感してしまうシーンがマ ジ で 多いです。オタクってどこの世界も同じなんだな。

以下本作よりちょろっと引用

「舞菜は私がいなくても何も思わないだろうけど 私の人生には舞菜の1分1秒が必要なんです‼」

「舞菜が武道館いってくれたら死んでもいい」 

 

スゥッ………(涙が頬を伝う擬音)

 

あ~~~~~~~~~~~~~~これよこれよこのセリフたちよ。

もちろんまだ共感できるセリフも(もちろん文化の違いによりバンドオタ(?)は違うな~ってところも)たくさんありますが、とにかく一番共感できたセリフはこの2つです。

 

バンドにとってはさ~~~~~私がいなくても何も思わないだろうけどさ~~~~~~~私にとってはそのバンドがライブやってくれなきゃいけないんだよね~~~~~~~~~~~バンドの1分1秒一曲1音が必要なんだよ~~~~~~~(;;)

マジで人生支えてくれてんだよ本当にさ~~~~~~~~~(;;)

これって多分アイドルやバンドに限ったことじゃなく、ありとあらゆるジャンルのオタクに共通する気持ちなんじゃないかな知らんけど。

自分がファンであり続けたところで相手には何の影響もないだろうけど、相手がいなくなると私らオタク(THE BIGGEST 主語)はマジで精神というか人生が死ぬんだよねわかるわかる……

 

そしてタイトルである「武道館いってくれたら死んでもいい」な!!!!わかる!!!!

アイドルもロックバンドも武道館!!ってなるんだね(もちろんそうじゃないアイドル/バンドもあるだろうけど)。

武道館より大きなホールとかアリーナとかドームとかスタジアムとかあるけど、やっぱり武道館は特別な気がします。

そんな武道館という舞台に立つ喜び…はわからないけれど、

今まで推していたものが!!!ようやく!!!武道館に!!!立つ!!!ファンの喜び!!!!

は超わかるんッスよね……

だってマジすごいうれしいんだもん(語彙力の欠如)

アイドルもバンドもそれぞれいろんなストーリーや思いを抱えてあの舞台を目指しているんだな、と改めて実感しました。

俺の推し(?)が武道館いってくれたら死んでもいいマジで。あっでもドームとかアリーナとか世界とかいろいろあるからそのへんまで生きる頑張って生きる。

 

というわけで

バンギャ(?)のお前らも遠征でネカフェ泊の際に読んでみたらいいと思うよ!!どうせネカフェ入ってもWi-fi使ってTwitterしてるだけだろ!!これ読めこれ!!!

私は翌日買いました!!!

2016年一番のおすすめです!!

 

追記

公式サイトで1話試し読みできることに気づきました

www.comic-ryu.jp